アーカイブ


月間アーカイブ


Lens


こんにちは勝又です



前回のレンズのブログで



クラシックに映るレンズのブログを書きました



今回は本物のビンテージレンズです



Leitz社 elmar 3.5cm F3.5 です



今のM型と違いL型でバルナック時代に作られたもので



およそ80年前のレンズです



IMG_6187.jpg



パンケーキ型のルーツとも言われるドイツレンズ



球数が多いですが状態が良いものはなかなかなく



あっても高かったり、売り切れていたり、



特に50mmは多いですが、35mmはなかなか出てきません




探しに探して格安で状態が良いものを見つけました



シンプルな構造故にフレアやゴーストも出ますが



そこが良いです


レンズ構造から抜け感が好きなレンズです




昔のドイツの職人さんが手作りしているので



個体差があるようですが


同じレンズを何本も集めるマニアさんもいるようです




このレンズはまだ使い込んでいませんが



試し撮りの画像です



IMG_6192.jpg


ピントが合う部分のキレは意外とありますが優しいです


ブログ用に画質は落としてありますので本当はもっとクリア


ボケ方に独特なムードがあって



周辺光の落ち方もまさにビンテージ



戦前のレンズです


IMG_6195.jpg



色乗りも面白い




IMG_6190.jpg



モノクロで撮ってみても良い感じ



黒の階調を優しく表現してくれて



今のレンズにないかっこよさがある



IMG_6189.jpg




80年たってもこの写り方



歴史を感じ渋いです


IMG_6196.jpg


レタッチなんてしなくても全然かっこいい

IMG_6198.jpg


むしろビンテージの良いレンズはレタッチすると良さが


消えてしまう気がする




今度コンテストで京都に行くので



撮りまくってまたレポートします



前回のビンテージ風レンズと本物のビンテージ



好みはありますが



昨今写真は加工でどうにでもなってしまいますが



やっぱり本物は唯一無二



色褪せませんね





80年前のレンズで切り取る京都



楽しみです